*

水いぼは、何個以上になると、急激に増えるのか?

これからの季節、水いぼになるお子さんが増える季節になりました。

あなたはご存じですか?
水いぼの流行る季節。

mizuibogazo

このサイトを運営してみてわかったのですが、アクセスが増える時期が、その病気の流行る時期というのがわかります。
その季節がこれからの暖かくなる時期。

幼稚園のお子さんをはじめて育てていらっしゃる方は、あまり気になられていないと思いますが、これからの時期、暖かくなるとイボの伝染力も高まり、肌の露出しやすい服装にもなり7月くらいになるとプールの季節にもなります。
汗をかいたりするのも影響があるのかもしれません。
8月9月くらいまでがピークのようです。

そのころになり突然、痒みを伴った、白いぶつぶつが。
でも気がついた頃には、かきむしって、水いぼ菌が周囲に飛散。
同じ幼稚園のお友達にも、うつしてしまう可能性が高くなります。

伝染力が強いので、広がり始めると掻きむしるのも重なり、一気に増えてしまいます。
そこで病院に駆け込み、液体窒素で焼いたり、ペンレステープなど外用局麻剤を事前湿布した後ピンセットで摘んだり。

やはり、気がついたら早めの対処が重要です。

私の娘の場合、けっこう広がってきてから木酢液を塗ったんですが
なかなか頑固でした。かゆい、痛いと泣いていた娘を思い出します。

木酢液でもう少し早く対処してたら、菌の増殖力も早く弱くなって
娘も楽だったともいます。
結局うまく行きましたが。。

あとになって、いろいろネットなどでも調べたんですが
やはり水いぼの早期治療の水いぼの数ですが、5個位までに増えるまでに、初期治療が大切のようです。

たしかにそれ以上に増えると大変です。
いたちごっこになりますから。

自宅で、対処しようと思うなら、事前に木酢液を用意して
朝昼夕方、晩と根気よく塗布する。

水いぼが少ないうちから、準備しておくのもありかなって思いました。

あなたのお子さんが楽になるかもしれません

蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 【ケヤキインターナショナル】
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 
公式サイトにも使った感想があります。

関連記事

mizuibogazo

水いぼの跡は消えるのか?

水いぼは、別名、伝染性軟属腫といいます。イボの中でも伝染する力が強く、かゆみも伴い、かきむしることで

記事を読む

no image

幼児が感染しやすい疾患 水いぼ

水いぼは、幼児の感染が多い、皮膚疾患です。 最初、幼児のまたの柔らかい部分、たとえ

記事を読む

index

水いぼにアクアチムクリーム軟膏は、有効か?

アクアチム軟膏。 知っている方は、ああ、あれね。と思うかもしれません。 ニキビの治療

記事を読む

IMG_0470

水いぼを自宅で、早く治すヒント

水いぼの治療に関してこのブログではお知らせしています。 小さいお子さんがいらっしゃるあなたなら、誰

記事を読む

あなたのお子さんが楽になるかもしれません

蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 【ケヤキインターナショナル】
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 
公式サイトにも使った感想があります。

あなたのお子さんが楽になるかもしれません

蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 【ケヤキインターナショナル】
蒸留木酢・竹酢液「けんきの滴」 
公式サイトにも使った感想があります。
WS000030
ケミカルピーリングと水いぼ

ケミカルピーリングとは、皮膚の上に化学薬品を塗布して、その薬品の力で皮

kenki_5x
水いぼは、何個以上になると、急激に増えるのか?

これからの季節、水いぼになるお子さんが増える季節になりました。

IMG_0470
水いぼを自宅で、早く治すヒント

水いぼの治療に関してこのブログではお知らせしています。 小さいお子さ

6250700M1189_000
水いぼにアラセナ軟膏 効きますか?

水いぼ治療で皮膚科に来られた患者の方で、症状がひどい方がおられます。

mizuibogazo
水いぼの跡は消えるのか?

水いぼは、別名、伝染性軟属腫といいます。イボの中でも伝染する力が強く、

→もっと見る

PAGE TOP ↑